防草のメカニズム

防草の仕組み

防草のメカニズム をよく理解し施工することが大切です。営業やデザイナー等は施工はしません。現場監督も施工しません。「家を建てるのは大工」と同じように、防草施工する人間が知っていることが大切です。

雑草の発芽と防草の仕組み

防草のメカニズム、発芽には、光は必要なく、水と酸素、温度で発芽します。発芽後、光と呼吸(酸素)、のちに養分で成長します。
したがって、効果的な防草方法として・・
1、水をきる、与えない、脱水させる
2、太陽光を遮断る(光合成阻害)
3、酸素を遮断する(固める、2酸化炭素率を高める(叩く))
4、養分をきる、与えない(成長させない)

防草方法のそのほとんどが、この防草の仕組みのいずれか、若しくは併せもつ方法で、雑草の防止ないしは抑草をしています(例えば防草シート)。防草の仕組みから高い防草効果は、発芽をも押える「水をきる」ということになります。
→ 雑草の成長に必要なもの知れば草を防ぐことができる

防草のメカニズム
防草のメカニズム
Shopping cart0
There are no products in the cart!
Continue shopping