ブラウン系の砂利

Brown gravel

茶色系の砂利が新登場

true

ブラウン系の砂利 表装材の真打

ブラウン系の砂利 仕上げ材(表装材)として、今までは白砂利(高瀬川産)を主流で防草施工してきましたが、「もっと落ち着いた色はないのか・・」などのご希望の多かった茶系(ブラウン系)の砂利をようやく手配できることになりました。異なるサイズで形状がギザギザしていますので締まりも良く、真砂土仕様(弊所では有明土)によるゲリラ豪雨におけるムーブ現象(移動)や雨落ちに対応できます。

落ち着いた色合いは、和風庭園(築山など)ばかりでなく和洋庭園を問わずよく合いますし、ポイント的な利用にも良く映えます。m2単価は地産ではないため白砂利仕様よりm2辺り¥400程度のプラスとなります。この近処には無い稀有なブラウン系ですのでひときわ映え、尚且つ草が生えない庭となります。どうぞご利用ください。

色合い写真

左:乾燥状態 右:湿潤状態
湿潤状態
かく丸ランド樹木医事務所の宮原康二です。雑草でお困りの人のために、苦土肥料で防草する、防草の友Ⓡ:特許工法をご提案しています。お気軽に、ご相談お問い合わせください。どうぞよろしくお願い申し上げます。
Shopping cart
There are no products in the cart!
Continue shopping