樹木短縮法のススメ

shortening

サルスベリの短縮法と腐朽部処置

樹木短縮法 は樹木とこれから先も長く友達でいることを目標とします。腐朽部がある古木は丈をそのままにしておくと、根倒れや幹折れで樹木全体がだめになってしまいます。また、古木になれば自然と水を上げる力もちさくなりますので、短縮することで通道距離を短くし、負担を少なくすることことができます。背の低い古木の多くは、背の高い樹木よりずっと長生きをします。

今回は松本市のお屋敷のサルスベリの古木、主幹2又で腐朽部も多く、自重から裂断、幹折の危険性もあるため短縮しました。丈を短くしても古木の趣は変わりません、また枯れ葉も少ななリより愛着が増し、長く友達として過ごすことができるようにもなります。

樹木短縮法の施業には、切り方や腐朽部の処置、根の保護など特殊な技術も必要ですのでご相談ください。ご相談~施業まで承ります

短縮前
短縮後
かく丸ランド樹木医事務所の宮原康二です。雑草でお困りの人のために、苦土肥料で防草する、防草の友Ⓡ:特許工法をご提案しています。お気軽に、ご相談お問い合わせください。どうぞよろしくお願い申し上げます。
Shopping cart
There are no products in the cart!
Continue shopping