新工法

New technology

特殊な締まるサビ砂利を利用した防草

新工法と特殊なサビ砂利(茶系)

新工法 は特定の酸化マグネシウム(苦土)に特殊なよく締まるサビ砂利(茶系)を利用して防草します。特殊なサビ砂利とは、異なるサイズと粗い形状の特性を持つ砂利で、その特性から酸化マグネシウムとよく絡み、よく締まります。これにより昨今のゲリラ雨による表土のムーブ(移動)現象や雨トイや樹木類からの雨落ちに対応します。また、低度な法面防草も可能となります。色合いは落ち着いた茶系で修景に最適です。

新工法は従来の真砂土仕様との併用もお勧めです。色合いも同じ茶系ですので違和感なく利用できますし、端部などに利用すれば表土の流出防止にもなります。

防草の友Ⓡの仕上がり(現地調達を除く)お勧め順

遠方の方はこちらから積載しての施業となりますのでご相談ください。

仕様・仕上げブラウン系の砂利

かく丸ランド樹木医事務所の宮原康二です。雑草でお困りの人のために、苦土肥料で防草する、防草の友Ⓡ:特許工法をご提案しています。お気軽に、ご相談お問い合わせください。どうぞよろしくお願い申し上げます。
Shopping cart
There are no products in the cart!
Continue shopping