防草効果11年目

防草の友 
Weed control effect

特定酸化マグネシウムによる防草効果の実証

気候変動と防草効果

防草効果11年目 特定の酸化マグネシウム(幣所指定)による寒冷地における防草効果の実証実験も11年目となりました。観察では安定した防草効果が見られます。但し、他の現場(施工地)では昨今のゲリラ雨により、真砂土仕様の表面流出や日陰部分等が過剰保水(真砂土仕様)により、小さな草などが生える事象も見受けられます。砂利仕様の防草効果は安定していますので、今後の気候変動を考慮すれば、特に修景を必要としない場合は砂利仕様を推奨いたします。

10年間の防草効果の実証はこちらから→実証と観察

寒冷地関連はこちらから→ 寒冷地|霜柱・凍上現象寒冷地で失われる属性

草取りできない人のために

かく丸ランド樹木医事務所の宮原康二です。雑草でお困りの人のために、苦土肥料で防草する、防草の友Ⓡ:特許工法をご提案しています。お気軽に、ご相談お問い合わせください。どうぞよろしくお願い申し上げます。
Shopping cart
There are no products in the cart!
Continue shopping