感染症予防-衛生

Suppress the occurrence

発生を抑える衛生改善

「外出を控える・マスク・手洗い・消毒・エチケット等」は周知ですが、おおよそ対処型といえるでしょう。植物の病害虫予防にも言えることですが、ウィルスを媒介する昆虫類、ダニ類の発生を抑えることも予防法の一つです。

蚊(昆虫類)の媒介による感染病として、デング熱、チクングニア熱、ジカウイルス感染症、日本脳炎(感染しても1/1000人)等が知られています。(日本脳炎以外は輸入感染病)
ダニ類の媒介による感染病として、マダニによる発症、日本紅斑熱、つつが虫等があります。→厚生労働省感染症情報

蚊もダニ類も、衛生の悪い所や、草むら、藪等から発生します(山ありダニあり)、さされないことも大切ですが、発生源の衛生を土壌の酸性化改善等することで、感染症予防に効果的です。

衛生改善に海成_【苦土防草】

→ 衛生改善

かく丸ランド樹木医事務所の宮原康二です。雑草でお困りの人のために、苦土肥料で防草する、防草の友Ⓡ:特許工法をご提案しています。お気軽に、ご相談お問い合わせください。どうぞよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ショッピングカート
カートに商品がありません!
買い物を続ける