公園緑地

Park green space

広場・公園や緑地帯

公園緑地 など人々が集う広場などは、共同作業で雑草退治をしているところが多いようです。日当たりが良いため、日向の好きな強い草や、外来種が近年でははこびるようになりました。また、防犯上や衛生面でも気がかりであり、管理にはどこの地区も頭のいたい所です。

不特定多数の人々が出入りしますので、環境によい雑草対策を選ぶことが必要です。雑草対策36計

除草剤では、子供連れやペット連れの人も多く出入りしますので、特に粒状(非農耕地用)の除草剤は避けます。葉面吸収の除草剤でも、光や土による分解まで、多少なりとも時間もかかりますので、施工後の注意喚起が必要です。都市部では、農薬散布が何かと面倒になってきています。散布時における周辺住民への周知、洗濯物への配慮、動噴噴霧による騒音等々。除草剤|失敗例

防草シート砂利工法は、環境によく施工できますが、病害虫の抑制は小さく、施行の仕方によっては、不衛生にもなりやすい。防火上も心配も残ります。

防草の友Ⓡでしたら、環境にもよく、雑草防止や病害虫の防止にもお役にててるものと思います。ご検討ください。

公園緑地 塩尻市北部公園内での防草実験
塩尻市北部公園内の防草
公園緑地 人々が集う、広場などの雑草対策には、環境を守る防草の友Ⓡがお勧め
塩尻市北部公園内の防草

塩尻市北公園内での防草の友Ⓡにおける 防草の実証と観察

かく丸ランド樹木医事務所の宮原康二です。雑草でお困りの人のために、苦土肥料で防草する、防草の友Ⓡ:特許工法をご提案しています。お気軽に、ご相談お問い合わせください。どうぞよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Shopping cart
There are no products in the cart!
Continue shopping