酸性雨仮説


Root water

雑草の根は水分を吸収する

1980年代、欧米での森林衰退から「酸性雨仮説」がもたらされた。因果関係を確かめることなく、酸性雨による森林等衰退の可能性が報道された。1970年代、日本ではpH4を下回る雨が観測され、アサガオの花弁の脱色現象が観察されている。

雑草(植物)の根は当たり前ですが水分を吸収する。故に、土壌の酸性化による被害(傷害)を受けることとなる。酸性雨の植物への影響は土壌が酸性化することなしにはあり得ない。葉の構造を破壊するには、よほど強い酸性雨でないと影響を及ぼさないからである。

人体・動植物に影響を及ぼすくらいの酸性雨は1976年以降は報道されていないが、酸性雨の定義をpH5~pH5.6以下とすると現在でも酸性雨が降っているといえる。但し、pH4程度でも酸性という理由だけで植物に影響を及ぼすことはない。(スギなど厚く保護された葉が被害を受けるにはpH3未満が必要である。)

土壌の酸性化は、大気から土さらには植物の正常な物質循環を阻害します。酸性化によりアルミニウムイオンが、リン酸と結びつき、不可給態リン酸として、離れず与えずリン酸不足の土壌となり、根の活性を阻害します。

こちらも→ 酸性土壌|雑草

かく丸ランド樹木医事務所の宮原康二です。雑草でお困りの人のために、苦土肥料で防草する、防草の友Ⓡ:特許工法をご提案しています。お気軽に、ご相談お問い合わせください。どうぞよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Shopping cart
There are no products in the cart!
Continue shopping