活力剤|液肥|の与え方

GIVE VITALITY

活力剤や液肥を与える最も重要なポイント

活力剤の与え方 は、「ごく薄く与える」ことが大切です。

雑草を塩水で枯らすには・・云々

浸透圧により生理的な乾燥状態(脱水状態)にさせる、塩水を与えることにより、濃い濃度をもつ土壌が、水分を離さず渡さず雑草を枯らすことです。

ごく薄く与える

脱水現象は、活力剤(液肥)を与える時も注意が必要です。草花(樹木)などに元気を活力を、与える活力剤があります。商品名はHB101やトップドレッサーなどです。よく草花を大切にして、やさしい人などに、少しでも多く与えて、成長させてやりたいと、希釈(うすめる)倍率を見ずに、濃くして与える方を見受けます。この場合も、同様に浸透圧の関係で、液肥を吸うどころか、逆に吸い取られる状態になります。希釈倍率は守ってごく薄くして与えましょう。水に近いほど、植物は吸い上げます。

濃いほど効き目があると勘違いするのがもう一つ・・
病害虫防除の消毒による薬害発生です。これも希釈倍数を守って下さい。濃いほど薬害が発生します。希釈倍数で十分効き目が出るようになっています。余ったからといっての2度掛けも薬害が出やすくなります。

こちらも→樹勢回復のポイント 

活力剤の与え方 は、「ごく薄く与える」ことが大切です。
活力剤の与え方

かく丸ランド樹木医事務所の宮原康二です。雑草でお困りの人のために、苦土肥料で防草する、防草の友Ⓡ:特許工法をご提案しています。お気軽に、ご相談お問い合わせください。どうぞよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Shopping cart
There are no products in the cart!
Continue shopping